ブログ

海外でもホテルの中などではwifiが使えるようになっているところが多いですが、本当にケータイを使いたいのは外出先が多いです!

行きたいところを探したり、地図で目的地を探したり、一緒に行く方と別行動をしている時に連絡をとったり。

「SIMフリー」のスマホをお持ちの方は現地でSIMカードを買うのが一番安いですが、「SIMフリー」を使いこなせている詳しい方にこの記事は必要ないのでご覧になっていないことでしょう(笑)

まだ今のところ、日本のケータイにはSIMロックがかかっているものがほとんどですね!

「レンタルwifi」を持っていけばいつでもネットが使える状況にできます。

オフィスパルで旅行をお申込みのお客様には、こちらで手配をさせていただくことも可能ですのでお問い合わせくださいませ。

海外にスマホを持って行く

wifiのレンタルの仕方

レンタルwifiの端末は空港で受け取るか、宅配で自宅配送も選べます。

[オフィスパルの場合]
国際線受け取りカウンターで出発前に受け取ります。
ただ、福岡から成田で乗り継ぐときは、出発地点が「国内線ターミナル」になるので、こんな時は自宅配送に設定しています。

また、早朝出発の際も、カウンターが開いていないので、配送にしておきます。

返却は専用ポストや無料配送で返却することもできるので簡単です。

日本を発つ前に

そして日本を発つ前には「データローミング」をオフにします。

だいたいどの機種も「設定」のところを押せば見つかると思います。(ざっくり!)

私たちが添乗でお連れする際は、設定させて頂きます。

これで国際電話もかかってこず、wifiのみ使うことができます。

料金

[シンガポール5日間の場合]

総額¥8020(電源コード・充電池・保険込)2018.4月時点

ここから安くする方法は、充電池(持ち歩ける携帯充電器)と、電源プラグを省けば約2000円節約できます。

保険は入っておいて頂きたいです!

今回のケースで保険を削っても-1500円。

もしレンタルwifiを紛失した場合は弁償「40000円」となります。

旅行のトラブルの75%は「紛失・盗難」と言われています。

保険はかけておきましょう!

 

オフィスパルでの特典

まず私どもスタッフが同行の際は、何もして頂くことはありません。場合によっては現地の会社のものをレンタルすることもあります。

日本でレンタルすると「出発日〜到着日」まで利用料がかかりますが、現地のものだと「実際利用する日」のみの利用料で済みます。

ただ、やはり到着してすぐに使えるように日本から借りて行くことをおすすめします。欠航などで目的地以外の場所にいないといけなくなった場合に大変不便です。(スタッフA、先日経験済・・・)

空港のwifiもうまくつながるところばかりとは限りません。
いちいちメールアドレスを登録しないといけないところもあり、なんか情報を公開するのも心配ですよね・・・

ホテルのwifiにもつなぎたくないということで、ホテルでもレンタルwifiを使う方もおられます。

また同行しないパターンでも、ご旅行をお申込みいただいた皆さまの分の手配もさせて頂きます。

プラグや充電池を無料でお貸出しさせて頂きます。(スタッフが海外で利用中だったり、お貸出し中だったらすみません!!)

最後に

旅行中に写真を撮ってSNSに投稿したり、家族や友達に送るのはホテルに戻ってからにしましょう!

レンタルwifiでデータ量の制限を超えると画面の動きが遅〜〜くなります。

また、契約している携帯の会社で海外パックなどを作られていることもあります。

メリットはwifiの端末を持ち歩かなくていいことです。

レンタルするのと比べて、今回の旅ではどちらにするか選ばれてみてください。

何か困ったことがありましたら、ご相談ください!

 


福岡県糸島市の旅行会社「Office Pal」では、スタッフ全員が添乗の資格を持っておりますので、お手伝いが必要な方(移動が心配な方、英語がわからず不安な方など)にはご希望があれば同行も可能です。お気軽にご相談くださいませ!

 

お問い合わせ
会社名   オフィスパル
住所    福岡県糸島市志摩久家21−4
(※ご来店の際はTABI+Cafeにお越しください。全員ツアーや出張などに出ていることがありますので、事前にご予約をお願い致します!)
営業時間  10:00~17:00(TABI+Cafe営業時間は11時〜日没になります)
電話    092-332-8507